Temple at Sumur


チベット仏教のお寺

カメラを向けたら微笑んでくださいました。

カタと呼ばれる儀礼用の絹のスカーフ。お寺への参拝や高僧との謁見、お祝いや別れの場面で、相手にカタを捧げることで敬意を表すことができるそうです。

床の上に10cm程高い台を置き、その上に厚みのある絨毯を敷いてそこに座る習慣があります。お寺だけでなく一般家庭の居間にもよく置いてありました。高さがないので部屋は広く感じられるし、少し高くなっているので疲れないしとても便利な家具だと思います。これ日本にも欲しいと思いました。

案内してくれた僧侶。

感謝の意を伝え、お寺を後にしました。


4回の閲覧