Sacred City of Kandy


仏歯が祀られている仏歯寺。朝5時半から始まるフージャーに合わせて早起きしました。フージャーとは仏への礼拝のことで、仏歯の部屋が開放される特別な時間帯。

仏殿の中はまるで別世界。ゴージャスな廊下を進んで行くと、

立派な象牙の装飾の前で音楽隊が伝統音楽を奏でていました。1日3回のフージャーですが、まるで日本のお祭りのような特別な雰囲気でした。

我れ先にとお参りしようとする人々。警備員までいました。

お祈りをする人々。お寺に行く時は白と決まっているようです。

早朝から多くの信者がそれぞれの祈りを捧げていました。

外に出ると、

皮膚病を患った女性。誰よりも長い間手を合わせていました。

この国では宗教が日常に溶け込んでいるのだと感じました。

ココナッツオイルに火をともす女性

仏旗。1885年にスリランカでデザインされたそうです。

素晴らしい体験ができ感謝。


1回の閲覧