Shimotsuki festival@Toyamago #1


国の重要無形文化財に指定されている霜月祭りに行ってきました!

日本全国から神様を招待し、湯を捧げるお祭りです。

鎌倉時代から続いているそうです。

零時を過ぎると、次第に盛り上がっていきます。

面をかぶる青年たちが、先達さんに連れられ

極寒の川で身を清めます。

遠山氏とその家臣の面をかぶった人たち、老婆が登場します。

煮えたぐっている禊の湯を老婆が容赦なく大衆にかけまくります。火傷しそうなくらい熱いのですが、清められるそうです。

クライマックスは鬼が登場します!

鬼は走り回ります。

勢いと迫力があります。

時計を見ると朝6時。まさに千と千尋の神隠しの世界でした。明日はまた別の集落の霜月祭りを体験しに行きます。


2回の閲覧