どうしても立ち寄りたいカフェがあって、空港へ向かう前に朝一番で入店してみると

 まだ準備中でしたが、特別に入れてくれました。

 空間も人も、まるで映画のセットのようでした。

ジェフリーベイの丘の上にあるホテルから、早起きして朝日を見に行きました。

 朝日に照らされる波しぶき。

 若いカップルの姿が。

 なんか、微笑ましくていいですね。

 地元のサーファー。

トリップアドバイザーステレンボッシュ部門で1位を獲得したWaterford winery 。

セラーマスターのケビン・アーノルド氏の目標は「世界のトップワインを造ること」

 入り口

 テイスティングルーム。こんな素敵な空間が広がっていました。

 ワインの展示の仕方もセンスがありますね。

説明を受けて、カベルネソーヴィニヨン、シラーズ、デザートワインを試飲します。チョコレートと一緒にいただきます♪ 相乗効果でワインがより美味しくいただけます。至福の時間。

 中庭テラス席で寛ぐ人たち。

 大自然の中でこだわりを持って作られるワイン。南アフリカのワイン...

June 23, 2018

 ペンギンがトコトコ歩く姿は、まるで幼児のようで可愛いです。

 何か主張しているように見えます。

くるしゅうないぞ。

 井戸端会議中?

休憩中。先程までは人間に見えていましたが、この体勢だと鳥類なんだなと実感します。 

 得意げな表情の?親子ペンギン。

 赤ちゃんペンギン。ぬいぐるみみたいでキュートです。

 成人ペンギンのポートレート。神様が創造された生き物たち、美しいです。

June 22, 2018

 ナミビア撮影旅行中は、ほぼ毎日キャンプでした。

素敵なキャンプ場があったので写真でご紹介。

 ゲストの本を交換するシステム、いいですね!!

 シマウマを連想させるチェアカバー。

 クッションの赤がアクセントに。空間に映えます。

 廃材を利用したオブジェたち。

 昼間はカフェ、夜はバーになるレセプション。2泊しましたが、日の出前から行動していたので早寝してしまい、一度もバーに行けなかったのが悔やまれます。機会があればまた訪れたいキャンプ場でした。

June 22, 2018

 シマウマの群れ。

 近くで見ると、模様とたてがみが芸術的でかっこいい!

 スプリングボックの群れ。

 洗練されたデザイン。

 キリンの親子。

 5mくらいの距離で。

バオバブの木。

June 22, 2018

 スプリングボック。群れから迷子になってしまったのでしょうか。

ダチョウさん。 

 刺のはえた枝をムシャムシャ食べるゾウさん。口の中、怪我しないのでしょうか。

 かっこいい佇まいのワイルドビースト。美女と野獣の映画を思い出しました。

 夕暮れ時になると、自然の水飲み場に動物がちが集まります。

 サイの親子。顔がそっくり!!憎めない顔しています。

 ゾウの親子。

 水と戯れる愛らしいこどものゾウ。

家路へ戻る野生の動物たち。

June 21, 2018

 宿の敷地にたまたま教会があったので、神父様から誘われて見学させていただきました。ヘレロ族の女性も礼拝に来ていました。

 思い思いに祈りを捧げる人々。皆それぞれ多かれ少なかれ悩みをかかえて生きている、万国共通ですね。

 賛美歌が始まると、

歌に合わせて踊りも加わり、 

 リズム感が素晴らしい。

 楽しそうに歌い踊る人々。

 貴重な体験をありがとうございました!!ナミビア、大らかな人が多い気がしました。

June 19, 2018

 ヨーロッパから宣教師が来て以来、中世貴婦人スタイルの伝統を守り続けていることで有名なヘレロ族の村にやって来ました。

 可愛い女の子が笑顔でお出迎え。

 この帽子とドレススタイルがヘレロ族女性の特長。観光用ではなくこれが普段着。

一夫多妻のヘレロ族。ご主人様と第二婦人。

家の中も案内してくれました。寝床。

 こどもがいっぱい。

第一夫人の家が奥にあるとの事で案内していただきました。

 貫禄の第一夫人。

時間がゆっくり流れていました。見学させていただきありがとうございました!さようならー!!

Please reload

Recent Posts

January 30, 2020

January 29, 2020

January 28, 2020

January 28, 2020

January 28, 2020

January 27, 2020

January 26, 2020

January 25, 2020

January 25, 2020

Please reload

Archive
Please reload